閉じる
使用と禁忌

アルツハイマー病とCBDの利点

アルツハイマー病は認知症の一種で、時間の経過とともに徐々に悪化します。 それは人の長期および短期記憶、ならびに他の認知能力に影響を及ぼし、生活の質に衰弱させる影響を及ぼします。 この病気は、人に応じて、急速にまたはゆっくりと進行する可能性があります。

アルツハイマー病の症状はたくさんありますが、それらのほとんどは「 老化の兆候「そのため、診断前にしばらくの間、病気に気付かない可能性があります。 症状には、忘却、正しい単語を見つけることができない、繰り返し、意思決定の困難などがあります。 後の段階で、見慣れた顔を認識できない、混乱する、コミュニケーションが取れなくなるなどの症状がより深刻になります。 病気が進行するにつれて、それは患者が絶え間ないケアを必要とする程度に身体的および精神的能力に影響を及ぼします。

アルツハイマー病は65歳以上の人によく見られますが、早期発症型アルツハイマー病と呼ばれる若い人に発症する可能性があります。 現在、アルツハイマー病の治療法はないため、患者さんの生活に影響を与えるだけでなく、身近な人にも強い感情的影響を及ぼします。

治療法はまだ見つかっていませんが、症状を管理し、病気の進行を遅らせるためのさまざまな治療オプションがあります。

アルツハイマー病の伝統的な治療法

現在、アルツハイマー病の治療法はありませんが、病気の進行を遅らせ、一時的にいくつかの症状を和らげるのに役立つ多くの薬が利用可能です。 これらの薬のほとんどは、脳内のアセチルコリンのレベルを上げることによって機能し、神経細胞が互いに通信する方法を改善します。

残念ながら、中等度から重度のアルツハイマー病の人は、介護者にとっては困難であり、病気の人にとっては危険なさまざまな行動を示す可能性があります。 それは、落ち着きのなさ、妄想、慣れ親しんだ環境でのベアリングの喪失などを増加させる可能性があります。 抗うつ薬や抗精神病薬などの薬は、これらのタイプの症状の管理に役立つことがよくあります。

アルツハイマー病の人々の生活の質を向上させるのに役立つ他の治療法は、認知活動を刺激することを目的とした活動を含む治療法です。 これらには、グループ活動への参加、過去の記憶を呼び起こすための写真やオブジェクトの使用、または問題解決に役立つ活動が含まれる場合があります。 投薬に加えて、これらのタイプの治療法は幸福と幸福に有益な効果をもたらす可能性があります。

読む:  認知症とCBDオイルの利点

アルツハイマー病のCBDオイル

CBDオイルは、鎮静効果があるだけでなく、炎症を軽減するのに優れた化合物であることが知られており、アルツハイマー病の人々にとって有益なサプリメントになっています。

CBDはまた、脳が適切に機能するのを助けます。 カリフォルニアのSalkInstitute1による研究では、フルスペクトルのCBDオイルに含まれるカンナビノイドであるTHCが、アルツハイマー病の重要なマーカーである脳内のタンパク質の蓄積を防ぐのに役立つことが示されました。

Le CBDおよびその他のカンナビノイド また、脳細胞間の接続を増やすのに役立ち、それによってアルツハイマー病の症状の重症度を軽減したり、その進行を遅らせたりすることができます。 オーストラリアの研究者TimCarlとCarlGroup2が実施した臨床試験では、CBDが脳細胞の成長を改善し、認知機能の低下を遅らせることが示されています。

CBDは天然の抗炎症剤です。 脳の炎症は、アルツハイマー病の症状の重症度を高める可能性があります。 したがって、CBDを服用すると、脳の炎症を軽減し、症状をより管理しやすくすることができます。

アルツハイマー病の生理学的効果の治療としてのCBDオイルの可能性は有望であるように思われますが、幸福のためのより有益な結果があります。 アルツハイマー病の患者にCBDオイルを使用する最良の方法のXNUMXつは、不安と落ち着きのなさの症状を管理することです。
アルツハイマー病にCBDオイルを使用することの副作用またはリスク

CBDは高用量でも安全に使用できると考えられています。 他の健康補助食品と同様に、抗凝血剤や肝臓をサポートするために使用される薬物など、不適切な薬物相互作用が存在する可能性があります。 他の薬との相互作用の可能性が心配な場合は、ガイドとして医師に相談することをお勧めします。

CBDオイルの副作用はまれであり、一般的に心配する必要はありません。 軽度の副作用が最も一般的であり、食欲や気分の変化が含まれます。 一部のユーザーはいつもより疲れを感じるかもしれません。 まれに、CBDが消化器系の問題を引き起こす可能性があります。

副作用が発生した場合、それは通常、CBDの正しい投与量がまだ発見されていないためです。 どこから始めればよいかわからない場合は、CBDオイル投与量計算機を使用して適切な投与量を見つけてください。

アルツハイマー病のCBDオイル投与量

CBDオイルを初めて使用する場合、または症状の緩和がまだ明らかでない場合は、適切な用量を見つけるのに助けが必要な場合があります。 アルツハイマー病に適したCBDオイルの投与量をオンラインで検索するのは混乱する可能性があります。ここでCBD計算機が役に立ちます。 アルツハイマー病の症状を治療するための適切な用量を見つけるのに役立つだけでなく、起こりうる副作用を回避するのにも役立ちます。

読む:  CBDオイルとその多発性硬化症への影響

CBDオイルは、アルツハイマー病の進行を遅らせるだけでなく、それが引き起こす関連症状を和らげるために使用されるサプリメントです。 うつ病や不安状態は認知症などの症状によって悪化することが多く、CBDは落ち着きをもたらし気分を改善するために使用できます。

全体的なスキンケアルーチンの一部として、CBDオイルはアルツハイマー病の人々の生活の質を向上させることができるサプリメントです。
アルツハイマー病について知っておくべきこと

アルツハイマー病とは何ですか?

アルツハイマー病は、人の記憶やその他の認知機能に影響を与える一種の変性認知症です。 65歳以上の人によく見られますが、早期発症型アルツハイマー病は40歳の人にも発症する可能性があります。 これまでのところ治療法はなく、病気は時間とともに悪化します。 しかし、病気の重症度を遅らせるために処方された薬があり、CBDなどのサプリメントはいくつかの症状の管理に有益であることがわかっています。

アルツハイマー病の症状は何ですか?

アルツハイマー病の最初の兆候は、一般的な老化の兆候と簡単に間違えられます。 これらには、記憶喪失、使用する適切な単語を見つけることができないこと、および決定を下すことができなくなったと感じることが含まれます。 病気が進行するにつれて、症状が悪化し、身近な環境でのベアリングの喪失、家族や友人を認識できなくなる、不安の増大をもたらす可能性があります。 最終的には、身体の協調が影響を受け、影響を受けた人は24時間年中無休のケアが必要になります。

CBDはアルツハイマー病をどのように治療しますか?

CBDは健康な脳機能をサポートし、脳細胞が接続する方法を改善するのに有益です。 このように、CBDはアルツハイマー病の進行を遅らせるのに役立つ可能性があります。 CBDの抗炎症効果も症状を和らげるのに役立ちますが、フルスペクトルCBDオイル中のTHCは失血を減らすことが示されています。脳内のタンパク質の蓄積。 CBDオイルは、アルツハイマー病に伴うことが多い不安症状の管理や健康増進にも役立ちます。

アルツハイマー病に対するCBDオイルの副作用は何ですか?

CBDオイルの使用による副作用はまれであり、高用量でも非常に軽度です。 最も一般的な副作用は、食欲、気分、睡眠の変化です。
情報源:

https://www.salk.edu/news-release/cannabinoids-remove-plaque-forming-alzheimers-proteins-from-brain-cells/
https://www.dementiacarecentral.com/aboutdementia/treating/cbd/#alzheimers


雑草マスター

筆者 雑草マスター

合法的な大麻を専門とする雑草メディア放送局および通信マネージャー。 彼らの言うことを知っていますか? 知識は力である。 最新の健康関連の研究、治療法、製品を最新の状態に保ちながら、大麻医学の背後にある科学を理解します。 合法化、法律、政治運動に関する最新のニュースやアイデアを常に入手してください。 大麻の医学的品質に関する科学界からの最新の研究と発見だけでなく、地球上で最も熟練した栽培者からのヒント、トリック、ハウツーガイドを発見してください。