閉じる
使用と禁忌

認知症とCBDオイルの利点

認知症は、認知能力と脳機能を徐々に低下させる障害の分類です。 認知症には約200種類ありますが、最も一般的なのはアルツハイマー病、前頭側頭型認知症です。 血管性認知症、レビー小体型認知症および混合型認知症。

脳は、相互に通信して多くの認知機能を確保する神経細胞(ニューロン)のおかげで機能します。 認知症の人では、神経細胞が損傷しています。 これは、メッセージが神経細胞間を効率的に通過せず、脳と体の多くの機能が低下することを意味します。 認知症はさまざまな方法で人々に影響を及ぼし、認知症の種類、治療されていない期間、および治療に対するその人の独特の反応に応じて、急速にまたはゆっくりと進行する可能性があります。

認知症の最初の兆候は、一般的な老化の兆候に起因する可能性があるため、必ずしも明白ではありません。 しかし、認知症は人の考え方、行動、感じ方にも影響を及ぼします。 認知症は通常65歳以上の人に始まります。 若い人にとっては、早熟な認知症として知られています。 症状には次のものが含まれます

  • メモリ損失
  • 精神的鋭敏さ
  • 思考の減速
  • 適切な単語を見つけることができないなど、言語の使用法の違い
  • 気分、感情、行動の変化
  • 動きの変化
  • 通常の活動を行うのが難しい。

認知症の治療法はありません。 認知症の段階が進むにつれて、人の状態が悪化する可能性があります。 彼女は社会的状況で不安になったり動揺したりするかもしれません、彼女の性格の側面が変わるかもしれません、そして彼女は幻覚を経験するかもしれません。 最終的に、患者は絶え間ないケアを必要とします。

認知症の人は、病気の進行を遅らせる治療法を利用できるようになり、多くの人が今後何年にもわたって活発で楽しい生活を送ることができるため、早期診断を受けることで認知症の人々の生活の質を劇的に向上させることができます。
従来の認知症治療オプション

治療、日常のケア、投薬の組み合わせは、人々が認知症の段階を管理し、可能な限り長く自立を維持するのを助けるために使用されます。

認知症の人にとって、サポートとケアは断然最も重要な治療法です。 彼らが日常生活の計画を立てるのを助けるために、彼らの状態の定期的な評価が行われるべきです。 彼らの独立性を維持するために、人は計画され、書かれた毎日のルーチンを必要とするかもしれません。 彼らの実際的な能力に応じて、人は自分の世話をする助けを必要とするかもしれません。 これは、家族、看護師、または他のタイプの介護者が行うことができます。

読む:  CBDと不安:ストレス管理

認知機能をより長く維持するのに役立つ治療法には、記憶を思い出すように促すこと、パズルやゲームなどの活動に参加すること、支援的な環境で社交すること、精神的健康の実践、幸福と一般的な健康を促進するための身体的活動が含まれます。

認知症に使用される薬は直接的な症状を管理するために使用されますが、他の薬は不安やうつ病などの二次的な症状を治療するために使用されます。 薬は常に効果的であるとは限らないか、または短時間しか効果がありません。 また、望ましくない副作用を引き起こす可能性があります。

CBDオイルなどの栄養補助食品も、認知症の症状や共存状態の管理に役立つことがわかっています。
認知症のためのCBDオイル

CBDは、麻の植物から抽出され、多くの治療効果のある健康補助食品を作成するために使用されるカンナビノイドです。 麻は大麻科の植物ですが、娯楽用または処方薬であるマリファナとは異なり、ユーザーを高くする化合物であるTHCを高レベルで含んでいません。 CBDオイルは完全に安全で合法であり、特に認知症の人にとって多くの健康上の利点があります。

薬の副作用のために、多くの人々は認知症とアルツハイマー病を治療するためにCBDオイルを使用することを検討しています。 治療法がないため、CBDが認知症を逆転させるという証拠はまだありません。 ただし、症状、特に落ち着きのなさ、不安、うつ病などの行動面の管理に役立ちます。 CBDオイルは、認知症の人にとっても問題となる可能性のある不眠症の緩和にも効果的です。

CBDは効果的な抗炎症作用があり、脳を含む体全体の炎症を軽減します。 さらに、その神経保護特性は、認知症のいくつかの症状の重症度を軽減するのにも役立つ可能性があります。

CBDと認知症に関する初期の研究は有望です。 カリフォルニアソーク研究所による2016年の研究では、CBDがアルツハイマー病やその他の認知症の治療法としてどのように使用できるかを調べました。 アルツハイマー病の重要な指標である脳内のプラーク形成タンパク質の除去に効果的であることが示されています1。 これは、CBDや他のカンナビノイドが将来の認知症の治療としてより重要になる可能性があることを示唆する刺激的な発見です。 より多くの研究が行われるほど、CBDの利点とその治療特性についてより多くを学びます。

読む:  CBDと双極性障害

認知症に対するCBDオイルの最も効果的な投与量は、個人とその症状の重症度によって異なります。 始めるための最良の方法は、CBDオイル投与量計算機を使用することです。 その人とその状態についていくつかの詳細を述べることによって、あなたはその人に最適なCBD投与量の推奨を得るでしょう。 結果は高速で、希望のメールアドレスに送信されると画面に表示されます。

CBDと認知症に関する研究が進行中ですが、CBDを使用すると行動症状が改善され、認知症の患者がよりリラックスして安心できるようになることは明らかです。 CBDを使用することは、認知症の症状を持つ人々に大きな利益をもたらす可能性があり、適切な投与量と良質のオイルを使用すると、患者の健康を改善します。
CBD、認知症および関連する状態について知っておくべきこと
認知症とは何ですか?

認知症は、脳細胞が互いにメッセージを送る方法に影響を与える進行性疾患です。 脳細胞の機能が低下すると、認知症の人にさまざまな症状が現れます。 認知症には多くの種類がありますが、それらはすべて記憶力と実践的なスキルに影響を与えます。 認知症の人は、病気が進行するにつれて継続的なケアが必要になるまで、自立を維持するためのサポートとケアが必要です。
認知症と共存できる症状は何ですか?

認知症と診断された場合、特にその人がまだ初期段階にある場合、それに対処するのは難しい場合があります。 認知症がどれほど進行しているかに関係なく、患者が以前と同じように行動できなくなると、うつ病や不安につながる可能性があります。 混乱や欲求不満は、興奮や攻撃性などの行動上の問題につながる可能性があります。 認知症にCBDオイルを使用すると、認知症の副作用のいくつかを軽減するのに役立ちます。
CBDオイルは認知症を治しますか?

残念ながら、認知症の治療法はまだありません。 しかし、認知症とCBDオイルに関する初期の研究では、直接治療としての可能性と、さまざまな症状を緩和する能力が示されています。 最高の治療結果を得るには、常に信頼できるサプライヤーから最高品質のオイルを入手してください。
認知症に最適なCBDオイルの投与量はどれくらいですか?

CBDの最も効果的な用量は、各個人によって異なります。
情報源:

https://www.sciencedaily.com/releases/2016/06/160629095609.html


雑草マスター

筆者 雑草マスター

合法的な大麻を専門とする雑草メディア放送局および通信マネージャー。 彼らの言うことを知っていますか? 知識は力である。 最新の健康関連の研究、治療法、製品を最新の状態に保ちながら、大麻医学の背後にある科学を理解します。 合法化、法律、政治運動に関する最新のニュースやアイデアを常に入手してください。 大麻の医学的品質に関する科学界からの最新の研究と発見だけでなく、地球上で最も熟練した栽培者からのヒント、トリック、ハウツーガイドを発見してください。